破風板金巻き、雨樋交換

外壁塗装と同時に破風板の板金巻き工事を施工いたしました。

施工前は、破風板の繋ぎ箇所が全てボロボロになっている状態でした。

原因は、ケイカル板の厚みの違い、ジョイント部の処理の不良が考えられます。

 

当初ケイカル板補修での予定でしたが、お客様と相談し板金巻きを施工する内容になりました。

 

説明しずらいですが破風板金の納まり一体型の仕様です。

これは、水が極力入らないよう考えて設計されています。

板金巻きを行う事により既存の雨樋が使用できないので雨樋も新たに交換しました。

塩害の影響を考慮しポリカーボネイトの金具を使用

 

今回は、ツヤありの板金を使用しました。

板金巻きは費用がかかりますが後のメンテナンスが、塗装に比べて少ないのでオススメです。

これでケイカル板の腐食とはさよならです。

 

お住いの修復作業なども承っております。

塗装と同時に承ることも可能ですので、ご相談ください。

 

 

神奈川県小田原市の塗装会社「ケンジョウ」

関連商品

  1. 溶接工事

    鉄骨階段の補修工事の事例です。塗装をする前に現場の状況を確認し、補修作業を行ってから塗装し仕上げます。施工前にご提案し、ご納得いただける工事を提供します。

  2. 後付けの雪止め設置工事

    屋根へ「雪止め」を設置した事例です。今まで雪の心配など然程考えていませんでしたが、近年の傾向から設置依頼が増加しています。

  3. アパートの波板交換など

    アパートの2階部分の庇、ポリカ(ポリカーボネート)の交換を行いました。洗濯機を設置する箇所の補修も同時に実施。塗装だけでなく、修繕作業も承ります。

  4. 縁側木部の補修と塗装

    縁側木部の塗装を行いました。床板は経年劣化により傷みが出てきますが、無垢材の床は、とても綺麗に直すことができます。

ページ上部へ戻る